雨漏りの原因とは・雨漏り対策

家を守るために知っておきたい「雨漏りの原因と対策」

家を守るために知っておきたい「雨漏りの原因と対策」

せっかくのマイホームも、屋根が傷んでしまっては台無し。「雨風をしのぐ」はずの我が家が雨漏りしてしまったら、安心して暮らせません。雨の日にちょっと天井にシミができる……という程度なら放置してしまう人も多いようですが、実は雨漏り修理は「即修理」が鉄則です。そこからすぐに被害が拡大してしまうからです。原因を突き止め、適切な対策を講じましょう。「東大阪瓦産業株式会社」では、大阪を中心に兵庫・奈良まで戸建て住宅の屋根修理・メンテナンスに対応。屋根の葺き替えや雨樋工事、塗装もお任せください。

雨漏りの原因とは

家屋そのものに大きなダメージを与える雨漏り。そもそもどういったことが原因で起こるのでしょうか? その原因には、さまざまなものがあります。

たとえば、瓦屋根の場合に多いのが瓦のズレや割れ。瓦屋根の多くは、最下層から順番に下地となる野地板→防水シート→瓦桟→瓦という構造になっており、一番外にある瓦が雨水を流す役目を果たし、その下に水が入ってしまった場合には防水シートが野地板への染み込みを防ぐ仕組みになっています。

瓦がズレたり割れたりすると防水シートがむき出しになってしまいますので、太陽光や風雨のダメージを受け、能力が低下。その結果、雨漏りにつながります。また、屋根スレートのヒビや漆喰の崩れなどでも、同じような経緯で雨漏りが発生します。

ほかにも、雨樋が落ち葉・汚れなどで詰まってしまい、流れにくくなった雨水が瓦の隙間に入りこんでしまう、ベランダの防水塗膜が擦り切れている、給水配管から雨が侵入しているなど、多くの原因が考えられます。さらに、屋根が原因の雨漏りだと思っていたら、実は排水管の欠損によるエアコンや浴室などからの「漏水」だった……というケースも。「雨漏りかも?」と感じたとき、専門的な知識・技術を持たない人が、その原因を特定することは非常に難しいと言えるでしょう。

雨漏り工事について

雨漏りの根本的な原因をお客様ご自身の目で突き止めるのは難しいものですが、家庭でも実践できる有効な雨漏り対策もあります。まずは、日ごろから屋根の状態をよく観察しておくこと。以下のポイントを、定期的にチェックしておきましょう。

雨漏り工事について

  • スレートや瓦にヒビやズレはないか
  • コーキングは剥がれていないか
  • 棟板金は浮いていないか
  • 一部分だけの著しい変色など、経年劣化が目立つ箇所はないか

気になる箇所があれば、早めに対策を講じることで雨漏りを防ぐことができます。また、修理を行うまでの簡易的な応急処置としては、ビニールシートをかぶせて雨の侵入を防いだり、雨漏りの水をバケツで受けて二次被害を避けたりする方法が有効です。

しかし、どれだけ応急処置をしても、根本的な原因を突き止めて対策を講じなくては、雨漏りによる家屋へのダメージを食い止めることはできません。東大阪瓦産業株式会社では、専門的な知識・技術を備えた瓦屋根診断技士が雨漏りの原因を正確に把握。その上で、瓦屋根工事技士の資格を持つ熟練の職人が、適切な修理工事を行います。

屋根の修理だけではなく、外壁塗装・補修や樋工事をはじめ、板金、漆喰、カーポート、波板、ベランダ・屋上防水など、幅広い施工実績を活かし、あらゆる雨漏りの原因に対応。プロだからできる、雨漏り修理をご提案します。当社は「一般社団法人 全国日本瓦工事連盟」に加盟し、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」「瓦葺き技能士」の資格を持つ職人が揃っていますので、安心してご相談ください。

まずは無料の雨漏り診断・屋根点検から。お気軽にご相談ください。

「無料雨漏り診断・屋根点検」詳細ページへ