屋根の地震対策をお考えの方へ

屋根を修理・メンテナンスして、地震に備えましょう

屋根を修理・メンテナンスして、地震に備えましょう

島国である日本は地震の多い国。これまでにいくつもの大きな地震を経験し、家屋の地震対策についての意識は年々高まっています。大切な住まいを地震から守るためには、屋根についての対策も大切な要素。屋根の葺き替えは、有効な方法の一つです。

「地震対策を万全にしておきたい」という方は、ぜひ一度、雨漏り修理の「東大阪瓦産業株式会社」にご相談ください。屋根診断技士による相談・お見積もりは無料。必要な屋根の地震対策・修理・メンテナンスについて、丁寧にチェック・アドバイスします。

地震対策をお考えの方へ

地震の力は、上へ行くほど重力の影響を受けると言われています。建物の場合、地面からの距離がもっとも遠いのは屋根。しかも屋根は重量もありますので、その影響は非常に大きいと考えられます。

特に、昔ながらの重い瓦屋根は注意が必要です。重量のある瓦が屋根から落ちずにとどまった場合、その重量が大きな負担となり、建物の倒壊リスクが高まります。そのため、昔ながらの瓦屋根の多くは瓦が比較的落ちやすい状態になっており、実際に地震によって瓦が落ちてくるなどの被害が多く出ています。

さらに、最初の地震では落ちてこなかった瓦が、余震によって飛散するケースも。こういった被害を防ぐために、また建物の倒壊リスクを軽減するために、屋根は非常に重要な要素となります。

屋根の軽さと施工方法がポイントです

「建物の倒壊リスク」について考えるとき、ポイントとなるのは「屋根の重量」があげられます。地震による建物への負荷は建物の重さに比例し、また、地面から遠い場所にある屋根が重いほど重心が高くなるため、建物の揺れが大きくなります。

そのため、地震から家を守るためには、
「屋根を軽くする」「瓦を一枚一枚しっかりと固定する」ことが大切です。

屋根の葺き替えで地震対策

それでは、屋根を軽くするためにはどうすれば良いのか? おすすめは屋根の葺き替え工事を行う方法です。特に、昔ながらの瓦屋根など、重い屋根材を使用している場合は、軽い屋根材に葺き替えることで、地震による倒壊リスクの軽減効果が期待できます。

現在は、屋根材にも多くの種類があります。軽量で家屋への負担が少ないスレート屋根、瓦屋根の約10分の1の重さとされるガルバリウム鋼板など、多くの選択肢があり、耐震性はもちろん、見た目・耐久性なども屋根材ごとに異なります。

東大阪瓦産業ではさまざまな屋根材に対応しておりますので、まずは一度ご相談ください。現状を丁寧にチェックし、お客様のご要望をお聞きした上で、最適な屋根材・地震対策の方法をご提案いたします。当社は「一般社団法人 全国日本瓦工事連盟」に加盟し、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」の資格を持つ職人が在籍していますので、安心してご相談ください。

取り扱い屋根材・施工法もぜひご確認ください。

「取り扱い屋根材・施工法」へ

屋根の地震対策についてのご相談・ご質問は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

「お問い合わせ」へ