施工実績

屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

今回は和型のシルバーの釉薬瓦から平板瓦のプラウドUU40Gへの葺き替え工事です。最近は従来の和型だけでなく平板瓦での葺き替えも増えてきました。形が違うだけで作る工程が粘土を瓦の形に成形して焼いて作る粘土瓦になるので、屋根材のメリット・デメリットの差はほぼなく一番大きな違いは見た目になると思います。

粘土瓦のメリット  耐久性・耐火性・防音性・防水性・遮熱性

    デメリット 重量が重たい・他の屋根材に比べて工事費用が少し高い

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑元の和型の釉薬瓦の状態です。写真でもわかるようにある程度の傷み出てきてます。

写真中央付近に所々見えるオレンジの部分は凍て割れといって冬に瓦の中の水分が凍って膨張するのが繰り返されて結果パリパリと表面が割れてきている状態です。最初は表面だけですが、段々割れが進行して行き、終いには瓦自体が割れて雨漏りの原因にもなります。

凍てが出て来たら最低でも出て来た瓦の交換はした方がいいです。

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑既存の瓦をめくって、下の葺き土も撤去します。

天井裏に入った土ホコリなども当社ではキチンと掃除させて貰います。

(天井の形状により掃除出来ない場合もあります)

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑屋根の頂点部分に糸を張ってますが、これは何をしているかと言うと、野地ムラ調整をしています。お家ごとで程度にバラつきありますが、経年劣化で屋根の野地が真っ直ぐな状態ではなくなって来ます。野地ムラ調整をする事によってある程度は新築の状態の様に真っ直ぐな野地に近づけるので、葺き替え終わった後の見た目がパリッとします。

平板瓦は形が平たいので、下がボコボコだと葺き終わった後の見た目もボコボコになるので、野地ムラ調整はした方がいいです。

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑野地ムラ調整が終わったら、コンパネを屋根野地に増し貼りして、屋根下地材のゴムアスルーフィングを貼って、今回は平板瓦なので、棟部分の施工に必要な強力棟というパーツを屋根の頂点部につけて行きます。

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑施工風景です

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)
  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑平部の瓦の施工が終わったら、両サイドの袖瓦というパーツを取り付け、さっきつけた強力棟に角材を固定して、その両サイドに雨水が入らない様に漆喰を塗って、屋根頂点部分の瓦を施工して完了です。

  • 屋根工事(和型→平板瓦(栄四郎瓦 プラウドUU40G)に葺き替え)

↑仕上がりです

大阪で雨漏り修理・屋根工事なら瓦屋根工事技士・瓦屋根診断技士が在籍の東大阪瓦産業株式会社へ!!

当社は直営工事会社です。営業のみの会社ではございません。

当社にご依頼頂いた屋根工事は、施工から施工後のアフターフォロー・保証まで当社自信で対応いたします。

ポリカ波板貼り替え工事

2022/04/21

施工実績

陸谷交換工事

2018/06/06

施工実績

屋根工事(ベスト→ベスト)

2017/11/08

施工実績

土塀の瓦葺き替え

2017/09/07

施工実績

野地ムラ調整

2017/07/04

施工実績

波板交換・フレーム塗装

2017/06/30

施工実績

壁面木目プリント板施工

2017/06/07

施工実績

凍て割れ瓦の交換

2017/03/31

施工実績

蔵の屋根の部分葺き替え

2017/01/21

施工実績

軒側垂木の入れ替え

2016/12/27

施工実績

水平棟の積み替え

2016/12/27

施工実績

軒天の修理

2016/12/27

施工実績

漆喰(しっくい)工事

2016/12/27

施工実績

谷板の入れ替え

2016/12/27

施工実績

和型瓦に葺き替え(一体棟)

2016/12/27

施工実績

和型瓦に葺き替え

2016/12/27

施工実績

平板瓦に葺き替え

2016/12/27

施工実績

鉄板塗装

2016/12/27

施工実績

横暖の設置(カバー工法)

2016/12/27

施工実績

カバー工法

2016/12/27

施工実績

屋上の防水対策

2016/12/27

施工実績

ガラス瓦の設置

2016/12/27

施工実績

瓦の差し替え

2016/12/27

施工実績

カラーベスト葺き替え

2016/12/27

施工実績

社寺の屋根工事

2016/12/27

施工実績

大阪北部地震被害への対応

2018/06/19

施工実績

土間打ち

2017/11/08

施工実績

入母屋の妻壁と破風板の塗装

2017/03/18

施工実績

天井・壁・野地のやり替え

2016/12/27

施工実績

軒樋の掃除

2016/12/27

施工実績

ガレージの土間工事

2016/12/27

施工実績

一覧へ戻る

監修者情報

監修者情報

渡士 兆文(わたし よしふみ) 東大阪瓦産業株式会社 代表取締役

雨漏り修理・雨桶工事・屋根工事業者として、東大阪市を中心におよそ12万件にのぼる施工実績を持つ「東大阪瓦産業株式会社」代表取締役。一般社団法人 全国日本瓦工事連盟に加盟し、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」の資格を持つ経験豊富な職人と共に、質の高い技術ときめこまやかなサービスを提供。昭和47年創業以来、屋根メンテナンスのプロフェッショナル集団として地域への貢献に努めてきた。

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら

line お問い合わせ