その他

大阪の業者がイチ押し!雨漏りの応急処置に使えるアイテム

  • 大阪の業者がイチ押し!雨漏りの応急処置に使えるアイテム

家の天井に雨漏りが発生していた場合、真っ先に優先すべきは業者への修理依頼です。しかし、繁忙期などで業者のスケジュールが詰まっている場合は、すぐ修理に来てもらえないケースもあり得ます。そんなときは、応急処置によって急場をしのぐしかありません。今回は、万が一雨漏りが発生した際、家にあると重宝されるアイテムについて紹介します。

普段家にあるものを雨漏り対策に活用

  • 大阪の業者がイチ押し!雨漏りの応急処置に使えるアイテム

雨漏り発生時、早めに原因を究明して対処しなければ、家の床が水浸しになってしまいます。床に置いた電気製品がぬれると故障や漏電につながる恐れもあるため、応急処置が必要です。以下の用具・雑貨が家にあれば、急場しのぎに役立つでしょう。

バケツ

雨漏り対策として、家にあると重宝されるのがバケツです。水が滴り落ちている場所にバケツを設置すれば、床や電気製品をぬらすリスクを軽減できます。大きめのバケツであれば、適切な処置を施すまでの時間稼ぎにもなるでしょう。

ブルーシート

屋根や外壁など、雨漏りの原因箇所が分かっている場合、その部分をブルーシートで覆えば雨漏りの進行を遅らせることができます。ただし、雨天時に屋根に上り、ブルーシートをかける行為は転落のリスクがあるため、大変危険です。天候が悪かったり、原因箇所が判明していなかったりするなら、ブルーシートは諦めてバケツなどによる雨漏り対策を講じてください。

雑巾・タオル

家にバケツがない場合、雑巾やタオルを水が滴り落ちる場所に敷き詰めることで、床を雨漏りから守りましょう。ただし、雑巾がすぐに水を吸ってしまうため、こまめに交換しないと床を濡らしてしまうので注意しましょう。

市販されている防水アイテムを活用する手段も

普段から家にある用具・雑貨だけでなく、市販されている以下のような防水グッズをあらかじめ購入しておくと、雨漏り対策に活用できます。いざというときを考え、1つは用意しておくといいでしょう。

防水テープ

市販されている防水テープを雨水の浸入箇所に貼れば、雨漏りの応急処置としての役割が期待できます。屋根や外壁のひび割れ部分に使用できるなど、汎用性の高さが魅力です。ただし、ぬれた箇所に貼ると粘着力が弱まるため、雨が降る前に貼っておくことが望ましいでしょう。

防水スプレー

防水スプレーは、屋根や外壁の気になる部分にスプレーを吹きかけることで、防水性能を高められるアイテムです。手が届きにくい箇所でもスプレーなら対策しやすくなるため、活用の機会が多いアイテムと言えるでしょう。スプレーは乾燥させる時間が必要であり、台風や大雨が来る数日前に散布する必要があります。

防水シート

防水シートを利用すれば、雨漏り発生が疑われる部分全体をシートで覆うことで、対策が取れるでしょう。防水シートのなかには金属、コンクリート、木のいずれにも接着できるタイプがあり、どんな屋根材にも使用できます。大きさが合わなければ、ハサミでカットすることでサイズ調整も可能なため、柔軟性に優れているアイテムです。

雨漏り対策で最優先にすべきは業者への依頼

雨漏り対策におすすめのアイテムを紹介しましたが、こうしたアイテムの使用はあくまで急場しのぎを目的としており、根本的な雨漏り問題の解決にはならないでしょう。屋根材や外壁の劣化を原因とする雨漏りの場合、放置していると劣化が進むことでさらに雨漏りが広がってしまうリスクもあります。

雨漏りを根本から解決するためには、専門業者に依頼することが鍵です。業者に屋根や外壁の状態を正確にチェックしてもらえれば、原因の特定が期待できます。そのうえで、適切な修繕をしてもらいましょう。

雨漏りを見つけたら、東大阪瓦産業までご連絡ください!

雨漏りの原因を特定し、適切な修繕を行うためには、優良業者に依頼する必要があります。もしも大阪・奈良・兵庫エリアで屋根修理業者を探しているなら、大阪にある屋根専門のプロ集団、東大阪瓦産業までご相談ください。

東大阪瓦産業では、高い技術を備えた職人たちによる正確な作業をお約束しています。屋根の診断は無料で承っているほか、相見積もりにも対応していますので、雨漏りでお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら