その他

平板瓦(F型瓦)とは?代表的な4種の特徴

  • 平板瓦(F型瓦)とは?代表的な4種の特徴

屋根材として使われる瓦と聞くと、「和型瓦」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし実際には和型瓦以外にも、瓦にはさまざまな種類があります。今回はそのなかから「平板瓦(F型瓦)」をピックアップし、メリット・デメリットや代表的な種類についてご紹介します。

平板瓦とは?

平板瓦とは、四角形をした洋風式の瓦です。従来の瓦と違い、凸凹のある波形をなくした平らなデザインとなっており、そのフラット(FLAT)な形から「F形瓦」とも呼ばれています。日本では、洋風の住宅で採用されるケースが多く見られます。

平板瓦と混同される言葉として、よく挙げられるのが「平瓦」です。文字にすると「板」の字が入っているかどうかの違いしかありませんが、実際にはまったく特徴が異なります。平瓦は鎌倉時代から使われている歴史の古い屋根材であり、神社やお寺など伝統的な建築物の屋根に使用されている瓦です。洋風建築に使われる平板瓦とは、正反対の存在といえるでしょう。

平板瓦の代表的な4種

さまざまなメーカーから販売されている平板瓦には、大きく分けて4つの種類があります。それぞれ特徴が異なるため、ここでは各種類について詳しくご説明していきましょう。

スタンダードな平板瓦

伝統的な和の雰囲気を漂わせつつ、しっかり現代風にリニューアルしている瓦です。形状が非常にスタンダードなため、どんな家の屋根にもマッチするのが魅力。飾り気のないデザインが、かえって高級感を演出するのに一役買っています。

防災型平板瓦

特殊な防災用のフック・キーパーを必要としないタイプの瓦です。上の瓦の防災ラッチを、下の瓦の防災ラッチに噛み込ませる形で施工していきます。「防災型」という名称がつけられているだけあり、耐震性はもちろん耐風性・耐雨性に優れているのが大きな強みです。

緩勾配型平板瓦

スタンダードなタイプに比べて、傾斜の緩やかさが特徴的な瓦です。注目点は、雨水を上手に排水していける作りとなっているところ。防水性・安定性が高く、雨漏りなどのリスク軽減が期待できます。

ほとんどフラットな平板瓦

他の種類と比べてほぼ完全なフラット形状となっており、「平板瓦」という名前にもっとも近しい種類の瓦です。このフラットさから、瓦一体型ソーラーパネルとの葺き合わせが可能になっているのが大きなポイント。ソーラーパネルがそのまま屋根に載る形となり、ハイセンスなデザインとなるのが持ち味です。

平板瓦へ葺き替える場合の費用

  • 平板瓦(F型瓦)とは?代表的な4種の特徴

屋根工事によって平板瓦への葺き替えを検討するとき、費用が気になる方は多いでしょう。基本的に、平板瓦への屋根葺き替えはカラーベストより高く、ROOGA(ルーガ)より安くなることが一般的です。

ただし以下のような条件次第で、費用は大きく異なります。

・屋根の勾配
・屋根面積
・屋根の面数
・屋根の高さ

屋根の面積が大きかったり勾配が急だったりすると、工期が長くなるために費用が高額になります。業者に依頼をする際は、自分の家の屋根がどのようなタイプか、しっかり把握しておきましょう。

きれいな見た目と軽さを重視するなら「平板瓦」

平板瓦は、陶器瓦ならではの色彩の良さや耐久性を備えている瓦です。総合的に見ても、他の瓦に比べてバランスに優れたタイプといえるでしょう。

平板瓦での葺き替えを検討中なら、東大阪市で創業40年の屋根業者・東大阪瓦産業にご相談ください。東大阪瓦産業は、平板瓦を使った工事にも多くの施工実績があります。和風・洋風問わずマッチする平板瓦で、お客様の「こんな家にしたい」というご要望を実現いたします。まずはお気軽にご相談ください。

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら