お役立ち情報

天井にシミ!雨漏り以外の原因もあるの?

  • 天井にシミ!雨漏り以外の原因もあるの?

自宅の天井にシミを見つけたら、まず考えられる原因が雨漏りですが、家庭には水道管や浴室など水漏れの原因となる箇所がいくつもあるので、原因を突き止めるのは至難の業です。天井のシミは雨漏り以外のトラブルが原因であることも視野に入れ、専門業者に調査を依頼しましょう。

 

天井のシミは雨漏りかも

雨漏りとは、通常は家の外に流れるはずの雨水が、瓦のずれや瓦の下に敷いた防水シートの劣化によって天井裏に雨水が漏れてしまう現象です。瓦屋根ではなくても、屋根に施した防水塗装の性能が落ちていたり、台風や地震でゆがみが生じたりすると、雨水が建物内部に侵入してしまいます。

天井にシミができるのは雨漏りの典型的な症状ですが、シミそのものより屋根の内部に雨水の通り道ができていることのほうが重大な問題です。雨漏りによって建物内部の木材が濡れると、建材がもろくなってしまいます。また、雨水の通り道はシロアリの侵入経路にもなり、濡れた木材をシロアリが食い荒らせば建物の耐久性が著しく低下するでしょう。

屋根から雨水が侵入すると、天井のほか、壁紙にもシミができることがあります。雨水によって壁紙がダメージを受けると、接着がはがれて美観が損なわれるばかりでなく、カビが発生して悪臭やアレルギーの発生につながります。

 

雨漏り以外の5つの原因

天井にシミができる原因には、屋根からの雨漏りのほかにも様々なパターンがあります。

 

結露

  • 天井にシミ!雨漏り以外の原因もあるの?

室内で洗濯物を干したり、鍋料理をしたりしてガラス窓が結露したときは、見えていないだけで天井も蒸気を吸っています。吸湿性の高い天井なら問題ありませんが、ビニールクロス天井の場合は水分が吸収されずに天井から水滴がぽつぽつと落ちてくるおそれがあります。また、杉板などの天然素材は水分を吸収しますが、水分量が多すぎると雨漏りのようなシミがつき、蒸発しきらなかった水分はやがて木材を腐らせるでしょう。

こうしたトラブルを解決するには、室内に除湿器を置いて結露しない環境を整えることが有効です。あまりにも結露がひどい場合はハウスメーカーや工務店に相談しましょう。

 

上階の水道管の水漏れ

凍結や地震などによって水道管が破裂すると下の階に大量の水が漏れてしまいます。天気にかかわらず上階から水が垂れてくるような場合は、屋根ではなく水道管の不具合を疑いましょう。

水道管が破裂した場合は水が大量に漏れるので、トラブルを早期に発見できますが、古くなった水道管が錆びて少しずつ水が漏れているケースは、発見が遅くなりがちです。2階にお風呂やトイレがある場合は、1階の天井のシミから水道管の水漏れを突き止めましょう。

 

上階のキッチンや浴室の水漏れ

トイレやお風呂、洗面台などの水回りは、排水管などの接合ミスにより水漏れを起こすことが多い箇所です。築20年以上経過している住宅では、経年劣化でつなぎ目に隙間ができることもありますが、築浅物件で水漏れしている場合は施工ミスも考えられるので、ハウスメーカーに連絡して直してもらいましょう。

 

エアコンの水漏れ

  • 天井にシミ!雨漏り以外の原因もあるの?

意外かもしれませんが、エアコンからの水漏れは珍しいことではありません。エアコンには、内部に発生した水を屋外に排出するためのドレンホースがついていますが、ドレンホースに枯れ葉などのゴミが詰まると、ホース内を水が逆流して室内に漏れてきます。天井のシミを上階のエアコンの位置と照らし合わせてみましょう。

 

動物の尿

山間の地域や近隣に畑が多い地域では、まれに天井裏にネズミやハクビシン、タヌキなどが住み着き、それらの尿によって天井にシミができることがあります。漏れてくる水の色や匂いが雨水と異なる場合は、動物が原因かもしれません。野生動物は外から病原菌を運んでくることもあるので、天井裏に動物の気配を感じたら専門業者に駆除を依頼しましょう。

 

天井のシミの原因を見分けるには?

次のような条件がある場合は、屋根以外の箇所から漏れた水がシミの原因であることが考えられます。

・天気に関係なく天井から水が漏れる
・2階建て住居の1階にだけシミができている
・漏れてきた水が生臭い
・水漏れ箇所の周辺にエアコンがある

シミの原因を見分ける目安はあっても、専門知識のある人が実際に水漏れ箇所を調査しなければ、根本の原因を特定することは難しいでしょう。「雨漏りを疑って修理をしたら、まったく違う箇所が原因だった……」となると工事費用もかさんでしまうので、はじめにしっかりと調査をすることが大切です。

 

無料雨漏り診断サービスを提案

シミの原因が何であれ、水漏れは放っておいて改善されるトラブルではありません。原因を調べて早期にシミの原因を改善することが、大切なお家を守ることにつながります。東大阪瓦産業株式会社では、無料の「雨漏り診断」をうけたまわっています。天井に気になるシミを見つけたら、屋根工事のプロである当社に調査をお任せください。

 

お問い合わせはこちら

 

雨漏りの意外な原因箇所3選

2020/07/03

お役立ち情報

今や屋根材の定番!スレート瓦とは

2019/03/09

お役立ち情報

一覧へ戻る

監修者情報

監修者情報

渡士 兆文(わたし よしふみ) 東大阪瓦産業株式会社 代表取締役

雨漏り修理・雨桶工事・屋根工事業者として、東大阪市を中心におよそ12万件にのぼる施工実績を持つ「東大阪瓦産業株式会社」代表取締役。一般社団法人 全国日本瓦工事連盟に加盟し、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」の資格を持つ経験豊富な職人と共に、質の高い技術ときめこまやかなサービスを提供。昭和47年創業以来、屋根メンテナンスのプロフェッショナル集団として地域への貢献に努めてきた。

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら

line お問い合わせ