その他

人体に本当に有害?大阪のアスベスト含有屋根葺き替えについて紹介!

  • 人体に本当に有害?大阪のアスベスト含有屋根葺き替えについて紹介!

古い家の場合、屋根にアスベスト(石綿)が含まれている恐れがあります。人体に有害な影響を及ぼすとされるアスベストは、「自宅の屋根に含有されていたら心配」「なるべく早く撤去したい」と考える方がほとんどでしょう。しかし、アスベスト含有屋根材の撤去には特別な技能が求められ、撤去工事の費用・期間は通常の施工より多くかかることが大半です。ここでは、アスベスト含有屋根材について詳しく解説するとともに、発生する費用などについても紹介します。

アスベスト含有屋根とは?

  • 人体に本当に有害?大阪のアスベスト含有屋根葺き替えについて紹介!

アスベストとは、天然鉱石(蛇紋石・角閃石)が繊維状に変形した「無機繊維状鉱物」の総称です。粘り気が強く、耐久性・耐火性・防音性・断熱性に優れており、軽量かつ低価格でもあったアスベストは、大正時代から日本で屋根材として使用され始めました。そして、高度経済成長期まっただなかだった1961年頃からは、全国的に重宝されるようになりました。

しかし、人体に入り込むと、じん肺、肺線維症、肺がんなどを発症するアスベストの危険性が叫ばれたことで、2004年には代替困難なもの以外のアスベスト使用が全面的に禁止されます。そのため、基本的には2004年以降に建築された家の場合、アスベストは使用されていません。

一方で、2004年以前に建てられた家では、アスベストが使われている恐れがあります。ただし、1999年には屋根材メーカーがアスベスト含有屋根材の販売を停止しており、2004年以前に建てられた家の屋根であっても、アスベストが使用されていないケースもあります。

アスベスト含有屋根はただちに工事が必要?

アスベストによる健康被害は甚大であり、もしも家の屋根にアスベストが含まれているなら、ただちに交換したいと望むかもしれません。ただし、家の屋根にアスベストが含まれていても、安全性を担保できる場合もあります。実際、国土交通省ではアスベスト含有屋根に対して、以下の見解を示しています。

Q:戸建住宅に住んでいます。屋根材などにアスベストが使用されているようですが、建築基準法により、除去する必要が生じますか。

A:建築基準法では、吹付けアスベストとアスベスト含有吹付けロックウールが規制対象となっています。この2種のアスベスト含有建材が使用されていなければ、建築基準法上は除去等の対象になりません。

屋根材、外装材、内装材等の成型板などの中にはアスベストを含有するモノもありますが、こうした成型板は切断・削孔などの作業を伴わない通常の使用環境下では特別な管理を必要としない建材とされています。

しかし、アスベスト含有建材の存在を知らずに日曜大工などの際に、アスベスト含有建材を切断したり、穴を開けたりしてしまうことが考えられます。アスベストが含まれていることを知らずに、安易に解体・改修工事などの作業を行えば、そこから発生する粉じんによって作業者や周辺にいる人などがばく露するリスクがあるだけでなく、アスベストを含んだ廃棄物がリサイクル施設で破砕処理され、アスベスト含有建材の拡散にも繋がってしまうことになります。

出典: 国土交通省(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/Q&A/index.html#a32


アスベスト含有屋根は、吹付けアスベストやアスベスト含有吹付けロックウールと違い、アスベストが飛散する危険性は低く、日常生活を送るうえで甚大な悪影響を及ぼすわけではありません。また、アスベストは屋根の耐久性を向上させてくれるため、台風などの災害に強く、必ずしも迅速な除去が正しいとは限らないのです。

もちろん、建物の老朽化などによってアスベスト含有屋根がもろくなっている状況であれば、アスベスト飛散のリスクも高まるので速やかな工事が必要になります。工事の際はのトラブルを予防する意味でも、優良業者に依頼をしてください。

アスベスト含有屋根の撤去工事の手順と費用

アスベスト含有屋根を撤去する際は、まず屋根材を剥がす必要があります。しかし、平常時なら危険性の少ないアスベスト含有屋根ですが、撤去のため切断・開孔をすると大気中にアスベストが飛散し、危険を及ぼす恐れがあります。そのため、作業者は必ず防じんマスクを着用しなければなりません。剥がし終えたアスベスト含有屋根は廃棄となりますが、廃棄方法についても「石綿障害予防規則」や「廃棄物処理法」に基づいた、各地域の廃棄方法で処分しなければなりません。

このように、アスベスト含有屋根の撤去には通常の屋根材よりも多くの工程が発生するので、料金も高額になる傾向にあります。業者によって料金に細かな差は生じますが、目安として床面積80㎡(約24坪)の住宅でアスベスト含有屋根を撤去する際は、20~30万円程度の費用が発生するでしょう。

アスベスト含有屋根の葺き替えは、東大阪瓦産業にご相談ください。

家のアスベスト含有屋根を撤去したい場合、カバー工法と葺き替え工事のどちらかが選択肢となります。カバー工法でもアスベストの封じ込めは可能ですが、基本的にカバー工法は一回のみしかできません。長期間家に住み続けるなら、いずれは屋根の撤去が必要となり、ただでさえ高額な費用がさらにかさんでしまうでしょう。おすすめは、葺き替え工事によるアスベスト含有屋根の撤去です。

葺き替え工事を検討されている場合は、大阪にある屋根専門のプロ集団、東大阪瓦産業にお問い合わせください。創業から40年以上の歴史と、施工数12万件の実績を武器に、滞りなく工事を進めていきます。屋根の診断などは無料で実施しているので、まずはお気軽にご相談ください。

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら