その他

屋根材の撤去処分費用の相場は?アスベストの場合は割高に

  • 屋根材の撤去処分費用の相場は?アスベストの場合は割高に

屋根葺き替え工事にかかる費用は、屋根材本体の費用のほか、足場の組み立て、施工、撤去、処分などにさまざまな費用がかかります。今回は工事費用の中でも特に見落としがちな「撤去と処分にかかる費用」を詳しく解説します。

既存屋根材の「撤去処分」には費用がかかる

屋根を新しいものに張り替える際は、既存の古い屋根を撤去する必要があります。撤去した屋根材は、産業廃棄物として処分しますが、屋根工事の見積もりにはこうした廃材の撤去費や運搬費が含まれることを理解しておきましょう。

撤去や処分にかかる費用は、業者や工事の時期によって変化します。屋根工事を依頼する際は、撤去処分にどのくらいの費用がかかるかもしっかり確認しましょう。

撤去費用は屋根材によって異なる

撤去費用は業者・施工時期以外に、「既存の屋根材の素材が何か」によって異なるのも特徴です。主な屋根材のうち、撤去にかかる費用が一番高くなるのは粘土瓦やセメント瓦(乾式工法の場合)などです。次に費用が高いのが無石綿化粧スレート、一番コストが小さいのは瓦棒葺き屋根です。化粧スレートでも、素材に石綿(アスベスト)が含まれる場合には、撤去費用がかさみます。

また、上記はあくまで目安であり、その家の屋根の形状や、作業環境(トラックが寄り付きやすいなど)によって差が生じます。

アスベストを含む屋根材は撤去費用が割高に

  • 屋根材の撤去処分費用の相場は?アスベストの場合は割高に

屋根を撤去する際に大きなポイントとなるのが、アスベストの有無です。アスベストを1%以上含む製品の出荷は2004年に原則禁止されましたが、それ以前に建てられた家には、アスベストを含む屋根材(カラーベストやコロニアルといった人工スレート)が使用されている恐れがあります。

屋根材にアスベストが含まれていると、封じ込め工事に特殊な技術が求められるため、撤去費用が通常より割高に。また、処理のための申請が別途必要になります。

アスベストを含む屋根の撤去では、国や自治体から補助金を受けられる場合があります。補助金の対象となるのは、吹き付け施工されたアスベストやアスベストを含んだロックウールの撤去工事です。

屋根材にアスベストが使用されているかどうかは、築年数や見た目だけでは判断できないので、屋根工事を専門とする業者に調査を依頼しましょう。調査費用についても補助金を受けられる可能性があるため、希望する方は業者や住んでいる地域の役所に相談してみるとよいでしょう。

カバー工法なら撤去費用がかからない

工事のコストをできるだけ抑えたいのであれば、既存屋根材の上に防水シートと屋根材を重ね張りする、カバー工法がおすすめです。カバー工法なら、古い屋根材を撤去する工程をカットできるため、葺き替えに比べて工事費用を抑えられます。

しかし、過去にカバー工法で修理した屋根には再度工事ができないことに注意が必要です。また、カバー工法を施した屋根(二重屋根)は、そうでない屋根よりも撤去費用がかさみます。そのため、屋根工事の方法を選ぶ際には、長期的なメンテナンス計画を練っておくことが大切です。

屋根工事方法やコストについて検討中の方は、12万件以上の施工実績を持つ東大阪瓦産業にご相談ください。豊富な施工経験と深い専門知識を活かして、お客様の屋根の状態を正確にジャッジし、適切な工法をご提案いたします。創業から40年、アフターフォロー・保証まで徹底して行っています。まずはお気軽にお問い合わせください。

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら