その他

屋根における漆喰の役割とは? 補修の頻度や種類も徹底解説

  • 屋根における漆喰の役割とは? 補修の頻度や種類も徹底解説

金属瓦やスレート瓦などが採用されることが多くなってきた今日でも、メンテナンスに手がかからない瓦屋根は根強い人気があります。しかし、瓦そのものは堅牢でも、これを支える「漆喰(しっくい)」は、雨風や紫外線などにさらされ続けることによって劣化し、雨漏りや瓦のズレなどトラブルの原因となることも。そこで今回は、瓦を支える漆喰とはどんなものか、劣化した場合はどんな補修工事が必要かなどを細かく解説します。

 

漆喰(しっくい)とは

漆喰とは日本では古くから活用されている塗り壁材のひとつで、主に瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りになどに用いられます。石灰石に水を加えてできた水酸化カルシウムを主原料に、布海苔(ふのり)や苆(すさ:わら・麻・紙などを細かく切ったもの)、粘土などを加え、水で練ることで作られます。

屋根における漆喰の役割

屋根において、漆喰は瓦と瓦の隙間を埋めるコーキング剤のような役割を果たし、雨水の浸入や小動物の侵入を防止します。瓦屋根の下には、瓦が滑り落ちないように「葺き土(ふきつち)」を敷きますが、この葺き土を雨から守る役割を果たすのも漆喰です。また、漆喰で瓦同士をしっかり接着しておけば、多少の風や地震があってもズレや落下などが起きません。整然とした瓦の並びをキープするので、屋根の美観も保たれます。

 

漆喰が劣化すると屋根にどんな影響がある?

これだけ重要な役割を担っている漆喰だけに、長期間、雨風や紫外線にさらされて劣化するとさまざまなトラブルの原因になります。代表的な不具合は、漆喰の接着力が弱まることで起こる瓦のズレ。ズレるだけならまだしも、瓦同士の干渉で割れたり、広がった隙間から雨水が浸入して雨漏りが起きたりすると住宅への影響は深刻です。しかも、瓦自体が固定されず浮き上がった状態なので、台風や地震などの際に落下する危険性もあります。

ただ、漆喰が剥がれていてもすぐに建物に深刻な問題が発生するとは限りません。万が一、部分的に漆喰が剥がれていても、葺き土が雨で影響を受けるまでには数年はかかります。そのため、雨漏りが起こる前に点検や補修を行っておけばメンテナンス費用は少なく済みます。ただ、雨漏りがすでに顕著な場合は、大がかりな修復が必要になり、相応の出費を覚悟しなければなりません。少しでも気がかりなら一度、専門業者に点検を依頼するとよいでしょう。

劣化した漆喰の補修方法

  • 屋根における漆喰の役割とは? 補修の頻度や種類も徹底解説

漆喰が劣化していた場合の補修工事には、状況の深刻度に応じて2つの方法があります。

劣化が比較的軽微⇒方法1「漆喰詰め直し工事」

漆喰の剥がれ、崩れなどが軽微な場合は、漆喰の「詰め直し」という補修工事を行います。文字通り、劣化した漆喰を取り除いて、そこに新しい漆喰を充填していく作業です。この工事では屋根の頂上部分にある棟瓦(むねがわら)を外す作業を伴わないので、補修費用は最小限に抑えられます。

劣化が著しい場合⇒方法2「棟積み替え漆喰詰め直し工事」

地上から見ただけでも明らかに瓦がズレているケースでは、周辺の漆喰が剥がれてほとんどが失われている可能性があります。これはかなり重度な劣化なので、一度、棟瓦を取り外した上で、漆喰の詰め直しをしなければなりません。もちろん、充填作業が終わればまた棟瓦を元通りに取り付けるという工程も生じます。そのため、「漆喰詰め直し工事」と比較して費用は倍以上になるでしょう。

10年に一度は漆喰の点検を

金属瓦やスレート瓦のように定期的な塗り替えを必要としない屋根瓦は、瓦自体の寿命が長く、ほとんどメンテナンスに手がかかりません。ただし、その土台となる漆喰や葺き土は長期間にわたって雨風にさらされると劣化が進むので、10年に一度はプロに点検を依頼しましょう。もし、その段階で不具合が見つかっても、雨漏りなど深刻な状況にさえなっていなければ、最小限の費用で補修工事が可能です。

大阪、奈良、兵庫エリアの屋根工事で豊富な実績を持つ東大阪瓦産業では、熟練の職人による屋根の無料点検を承っています。新築から10年経過したお宅、前回の点検から10年以上経過しているというお宅で、もし気がかりなことがあれば、ぜひ当社までご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら