お役立ち情報

突然の雨漏りも大丈夫!失敗しない大阪府の業者選びの方法を紹介

  • 突然の雨漏りも大丈夫!失敗しない大阪府の業者選びの方法を紹介

家屋における屋根は、居住者が安心して暮らすうえで頑丈さや安全性が求められます。そのため、もし突然雨漏りが発生した場合は、多くの方が慌てふためく事態になるでしょう。しかし、急場とはいえ、業者を十分に吟味しないまま依頼するのは禁物です。中には技術に乏しかったり、消費者を騙したりする悪徳業者も存在するため、事前にしっかり情報収集をする必要があるでしょう。今回は信頼できる業者に出会うための方法を紹介します。

業者選定の前に確認すること

雨漏りが発生した際、家の中に水が入ってくるという非常事態になるため、多くの人が慌てて修理依頼を出すはずです。しかし、屋根の修理はその後の家の安全を保つうえでも重要なだけに、業者選定前にチェックすべきポイントがいくつか存在します。ここでは、その中でも重要となる4つのポイントを紹介します。

屋根の種類

屋根は「瓦屋根」「金属屋根」「スレート屋根」など、いくつかの種類があります。業者によって得意とする屋根の施工が異なるケースもあるため、トラブルが起こる前に自宅の屋根がどんなタイプかは把握しておきましょう。

メンテナンスの状況

雨漏りは地震や台風などの天災によって発生することが大半である一方、経年劣化や人的ミスが原因で生じるケースもあります。もし10年単位で屋根のメンテナンスを実施していない場合は、経年劣化によって雨漏りに至ることがあるでしょう。一方で、メンテナンス直後に雨漏りが生じた際は、人的ミスである恐れがあります。このように、雨漏りの原因は、メンテナンスの時期次第で異なる可能性があります。

雨漏りの状態

業者が的確な修理を実施するためには、原因を正確に突き止める必要があります。そのため、雨漏りの状態を正確に把握したうえで、業者に伝えることが大切です。スムーズに工事を進行するためにも、具体的にどの場所でどの程度の雨漏りが発生しているかを記録しましょう。説明が難しい場合はスマホで撮影した画像を依頼の際に送るのも1つの手です。

築年数

前述したように、雨漏りは家の経年劣化によっても発生する恐れがあります。どれだけメンテナンスを実施していても、築数十年という歴の長い家屋であれば雨漏りが生じる危険性は高まるでしょう。一方で、築浅な家であるにもかかわらず雨漏りが生じた場合は、設計ミスなどのケースも考えられます。

屋根工事業者の種類

理想的な修理業者に巡り会うためには、具体的に業者にはどんなタイプがあるかを事前に把握しておきましょう。修理業者には「工務店」「塗装業者」「リフォーム業者」と大きく分けて3つのタイプがあります。

工務店

工務店は小さい規模ながら地元密着型がほとんどで、地域性を熟知している点が特徴です。そのため、速やかな工事着手や、将来にわたっての関係構築が期待できるでしょう。一方で、雨漏りの原因次第では大規模な修繕対応ができないケースも存在します。対応範囲については細かく確認しましょう。

塗装業者

塗装業者の中には塗装のみではなく、屋根の葺き替え工事や瓦交換に対応しているケースもあります。工務店同様に地域密着型の業者が大半で、下請けを設けずにワンストップで対応しているケースが多く、その場合は仲介手数料が発生しません。ただし、こちらも規模感や人員の問題で工務店同様に修理対応ができない場合も考えられます。

リフォーム業者

リフォーム業者には大手リフォーム会社と地域密着業者の2タイプがあり、それぞれ特徴が異なります。大手会社の場合はさまざまなパターンの雨漏りに対応できる一方、仲介手数料がかかることでコストがかさむ恐れがある点には注意が必要です。地域密着型の場合は工務店や塗装業者と同様の強みと弱みを備えています。

見積もり額や業者の質を比較しよう

悪徳業者に依頼をするリスクを軽減するため、意識しておきたいのが「相見積もり」です。見積もりを1つの業者のみに依頼した場合、たとえ法外な金額を出されたとしても異変に気づけない恐れがあります。金額を見比べるためにも、必ず複数業者から見積もりを取るようにしましょう。2社ではどちらが適切な金額を出しているかが分からないため、3社以上に見積もりを依頼することがおすすめです。

また、見積もりの際には金額だけでなく材料の詳細にも注目しましょう。具体的にどんな材料を使用しているかなど内訳をきちんと明記している業者であれば、信頼できる可能性も高まります。

「ラバーロック」という、瓦同士をコーキング処理でつなぐ工法にも注意が必要です。これは強風によって瓦がずれるのを防止する工法で、台風の被害が多い地域などでよく見られます。ただし、間違ったやり方で施工されるケースも多いため、業者がラバーロックをすすめてきた際は、きちんとした知識や技術があるのか、細かく質問やヒアリングをして確かめてみてください。

屋根工事のプロ・東大阪瓦産業にご相談ください

雨漏りを適切に修理するためには、高い技術を備えた修理業者への依頼が不可欠です。しかし、具体的にどの業者が優良であるかを見極めるのは、難しいと感じる方もいるでしょう。もし大阪で優良屋根業者を探しているのであれば、東大阪の雨漏り修理のプロ集団、東大阪瓦産業までご相談ください。

東大阪瓦産業では、資格を有するプロ職人が工事を担当。施工実績12万件以上の経験を備えており、的確な修理を施します。雨漏り診断や見積もり、相談は無料で実施しているので、気になる方はご連絡ください。

雨漏りの意外な原因箇所3選

2020/07/03

お役立ち情報

今や屋根材の定番!スレート瓦とは

2019/03/09

お役立ち情報

一覧へ戻る

監修者情報

監修者情報

渡士 兆文(わたし よしふみ) 東大阪瓦産業株式会社 代表取締役

雨漏り修理・雨桶工事・屋根工事業者として、東大阪市を中心におよそ12万件にのぼる施工実績を持つ「東大阪瓦産業株式会社」代表取締役。一般社団法人 全国日本瓦工事連盟に加盟し、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」の資格を持つ経験豊富な職人と共に、質の高い技術ときめこまやかなサービスを提供。昭和47年創業以来、屋根メンテナンスのプロフェッショナル集団として地域への貢献に努めてきた。

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら

line お問い合わせ