お役立ち情報

雨音がうるさい原因は?屋根のことなら東大阪瓦産業へ

  • 雨音がうるさい原因は?屋根のことなら東大阪瓦産業へ

雨が降れば屋根に雨粒が当たり、雨音が聞こえるのはごく自然なことです。しかし、その音量が我慢できないレベルのものとなると、雨の度にストレスを感じてしまいます。そんなときは屋根業者に相談して、適切な解決方法を見つけることが大切です。ここでは、大阪・奈良・兵庫の屋根工事で12万件以上の実績を持つ東大阪瓦産業が、屋根の雨音がうるさい理由と雨滴衝撃音の解消法を紹介します。

雨音が大きくなる理由とは?

  • 雨音がうるさい原因は?屋根のことなら東大阪瓦産業へ

家の雨音がうるさいと感じる理由は、大きく分けて2つ考えられます。主に屋根材や雨漏りが要因となっているケースが多いようです。

理由1:雨音が伝わりやすい屋根材を使っている

雨音が大きい理由として、音の伝わりやすい屋根材を使用しているケースが挙げられます。屋根材にはさまざまな種類がありますが、そのなかでも金属屋根(トタン屋根)は特に雨音が伝わりやすい屋根材です。元々金属が音を反射させやすい性質を持つのに加えて、金属屋根は厚みが薄いため、さらに雨音が伝わりやすくなります。

ただし、金属屋根のなかでもガルバリウム鋼板は、下地を構築してから屋根材を設置する工法が一般的となっており、結果として一般的なトタン屋根よりも遮音性が高い点が特徴です。

理由2:雨漏りで天井裏に雨が落ちている

金属屋根に比べ、瓦屋根や化粧スレートは遮音性が高く、通常であれば雨音をうるさく感じる心配はありません。しかし、もしも雨音が大きいと感じるなら、雨漏りの発生を疑うべきでしょう。雨漏りによって屋根ではなく天井裏に雨が落ち、その音が響いている恐れがあります。金属屋根ではないにもかかわらず雨音がうるさく感じる場合は、一度業者に雨漏りの調査を依頼するようにしてください。

屋根の雨音を軽減する3つの方法

屋根の雨漏り軽減には、3つの方法があります。どのような解決手段があるかを把握したうえで、どの方法が自宅に適しているかを判断しましょう。

雨漏りの改善

天井裏の雨漏りによって雨音が大きくなっている場合は、雨漏り工事が必須です。まずは修理業者に調査を依頼し、どの部分から雨漏りが発生しているかを突き止めましょう。業者を選ぶ際には、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」など、専門資格を所有する業者に依頼することをおすすめします。

屋根を葺き替える

雨漏りが発生していたり、元々音が響きやすい金属屋根だったりする場合は、屋根の葺き替えが有効な解決方法です。ただし、全面的な葺き替えはコストや工期がかかることから、実施に消極的な方もいるでしょう。その場合は、カバー工法でも対策ができます。

「カバー工法」とは、既存の屋根を新しい屋根材で覆う工事です。屋根が二重構造となり遮音性能が高まるため、雨音対策としても有効でしょう。また、古い屋根を撤去する必要がないので、費用節約や工期短縮にもつながります。ただし、既存の屋根の状態が劣悪な場合や、今後も長期にわたって自宅に住み続ける予定の場合は、葺き替え工事がおすすめです。

カバー工法には、施工可能な屋根材と施工不可の屋根材があります。詳しくは屋根の専門業者に問い合わせてみるといいでしょう。

屋根裏に下地(断熱材)を入れる

雨漏りは発生していないものの、金属屋根などの理由によって雨音がうるさい場合は、「屋根裏に断熱材を入れる」という対策も効果的です。断熱材は、建物の断熱性を高めるのが本来の役割ですが、タイプによっては音の吸収や振動抑制などの副次的効果も見込めます。また、既に断熱材が屋根に入っている場合でも、新品と入れ替えることで遮音効果を高められる可能性はあるので、交換を検討してみてください。

ただし、自宅の屋根裏の状況によっては、下地を入れる施工が不可能なケースもあります。また、断熱材の中には、屋根の葺き替え時でないと入れることができないタイプもあるため、注意しなければなりません。詳しくは、屋根の専門業者に依頼した際に尋ねてみるといいでしょう。

屋根の雨音でお困りなら、東大阪瓦産業にご相談ください

屋根の雨音が悩みの種になっているなら、まずは業者に調査を依頼して、原因を突き止める必要があります。適切な診断をしてくれる業者をお探しなら、大阪にある屋根専門のプロ集団、東大阪瓦産業にご連絡ください。「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」などの資格を所有している熟練の職人たちが、経験を活かした的確な診断をするのはもちろん、調査の際はご近所への配慮も忘れません。屋根診断技士によるご相談は無料で対応しているので、お困りのようならご相談ください。

雨漏りの意外な原因箇所3選

2020/07/03

お役立ち情報

今や屋根材の定番!スレート瓦とは

2019/03/09

お役立ち情報

一覧へ戻る

監修者情報

監修者情報

渡士 兆文(わたし よしふみ) 東大阪瓦産業株式会社 代表取締役

雨漏り修理・雨桶工事・屋根工事業者として、東大阪市を中心におよそ12万件にのぼる施工実績を持つ「東大阪瓦産業株式会社」代表取締役。一般社団法人 全国日本瓦工事連盟に加盟し、「瓦屋根工事技士」「瓦屋根診断技士」の資格を持つ経験豊富な職人と共に、質の高い技術ときめこまやかなサービスを提供。昭和47年創業以来、屋根メンテナンスのプロフェッショナル集団として地域への貢献に努めてきた。

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら

line お問い合わせ