その他

放置は厳禁!雨漏りが家屋全体に及ぼす影響

雨風をしのぎ太陽の熱を遮る屋根は、つねに厳しい環境にさらされています。そのため、メンテナンスをしなければ劣化は避けられず、トラブルを放置すると屋根から家屋そのものにまでダメージが広がってしまうでしょう。雨漏りに気づいたら、すぐ業者に調査・修理を依頼することが大切です。

 

雨漏りってどんな状態?

  • 放置は厳禁!雨漏りが家屋全体に及ぼす影響

雨漏りとは、屋根が本来遮断するはずの雨水が、何らかの原因で家の中に侵入してしまう状態です。一般的な瓦屋根は、外側から瓦、瓦桟、防水シート、下地となる野地板の四層で構成されています。一番外側にある瓦は、雨水を外に流す役割を果たしますが、瓦にずれやひび割れがあると隙間から雨水の浸入を許してしまいます。

通常は防水シートが野地板を保護しているので、瓦の下に水が入ってもすぐ大事に至ることはありません。しかし、太陽光や風雨によって防水シートがダメージを受けていると、シートの能力が低下し、雨水が野地板までしみてしまいます。こうして外から伝わった雨水がシミやしずくとなって天井に発現するのが雨漏りです。

雨漏りの原因は瓦のずれのほかにも、雨樋の詰まりやベランダの防水塗膜の劣化などがあります。いずれにしても、建物の内部にまで水がしみている時点で家屋の内部に雨の通り道があることは明確なので、雨漏りは見つけ次第直ちに修理を依頼しましょう。

 

雨漏りの二次被害

  • 放置は厳禁!雨漏りが家屋全体に及ぼす影響

雨漏りは室内や家財を濡らすだけでなく、放置していると建物の耐久性や価値にも関わる重大なトラブルを招きます。雨漏りの程度が軽いうちに修理をすれば、修理費用を抑え、建物自体の価値を守ることができるのです。

 

内装の美観を損なうシミ・カビの発生

雨漏りの症状として最も気づきやすいのは、天井や壁紙にできるシミです。目に見えるシミの範囲が小さくても、雨水は建材や断熱材を劣化させる引き金になるので、見た目に違和感を覚えた時点で、専門業者に調査を依頼することをおすすめします。

湿気の多い箇所にはカビも発生します。カビは塗料や接着剤、木材などをエサとしてどこでも増殖するので、雨漏りの修理と同時にカビ対策を行ったほうがいいでしょう。また、カビはダニのエサとなって、喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの原因を作ります。雨漏りが原因で住む人の健康が脅かされることもあるのです。

 

建材や断熱材をむしばむ害虫の発生

雨水によって天井裏の断熱材や建材が腐ると、シロアリやゴキブリ、ネズミの進入路ができてしまいます。なかでも厄介なのは湿った木材を好物とするシロアリの被害で、増殖したシロアリが建物の基礎を食い荒らせば、家屋は地震で倒壊しかねないほど重大なダメージを負うでしょう。

 

漏電火災にもつながる電気系統のダメージ

通常、家屋の電気配線や電気器具類は、電気が漏れないよう絶縁処理がされていますが、外から侵入した雨水が電気配線やコードの絶縁体の隙間に入り込むと、漏電がおこります。

漏電は人体の感電や火災の原因にもなる重大なトラブルです。雨の時期になると家電の調子が悪くなったり、頻繁にブレーカーが落ちたりする場合は、漏電のおそれがあるので一度専門家に電気系統を見てもらいましょう。

 

雨漏りに気づいたらすぐに修理しましょう

雨漏りは屋根の劣化によっておこるトラブルの代表格ともいえますが、居室にしずくが落ちてこない限りは生活に支障がないため、放置してしまう人も少なくありません。

しかし、室内に違和感がなくても壁の内側や柱、屋根の野地板などに雨水が伝わると、建材が腐食して家の耐久性や耐震性が損なわれます。雨漏り箇所の修理以外にもメンテナンスが必要になれば当然修繕費もかさむので、雨漏りに気がついたら早急に専門の業者に調査と修理を依頼しましょう。

 

まとめ

家で快適な生活を送るためには屋根の定期的なメンテナンスが必要不可欠です。東大阪瓦産業株式会社は、大阪を中心に兵庫・奈良までの関西エリアで無料の雨漏り診断を行っています。天井のシミや壁紙のカビは雨漏りの初期症状である場合が多いので、放置せずに当社までご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら