その他

屋根の下の力持ち?野地板(のじいた)とは

  • 屋根の下の力持ち?野地板(のじいた)とは

メイクの仕上がりが化粧下地によって大きく左右されるように、屋根にとっても「下地」はとても重要な存在です。この屋根本体を保持させるための下地にあたるパーツを「野地板(のじいた)」と言います。こちらでは、外から見えないために何かと軽視されがちな野地板の基礎知識やそのメンテナンス方法、そして野地板リフォームで覚えておきたいことなどをご紹介します。

 

野地板って何!?

野地板は、スレートや瓦などの屋根材を敷くための下地材となる木の板です。屋根の骨格とも言うべき垂木(たるき)の上に野地板を張り、そこに防水シート(ルーフィング)などを敷いてからスレートや瓦を葺くことで屋根が完成します。人目に触れる場所の建材ではないので基本的に塗装はしませんが、外張り断熱などの工法では野地板をそのまま天井仕上げにするケースもあります。

 

野地板の種類と耐用年数

何らかのトラブルによって屋根から雨漏りが生じた場合、最初にダメージを受ける可能性が高いのが野地板です。野地板にしみ込んだ雨水は放っておくと家全体の木材を腐食させてしまうので、定期的なメンテナンスや張り替えが必要になります。

一般的な住宅で使用されている野地板には、主に3つの種類があります。以下ではそれぞれの種類ごとに特徴や耐用年数を見ていきましょう。

 

バラ板

バラ板は、杉の木を約90mmから120mmの幅でスライスした細長い形状の野地板です。杉材が用いられているため、杉板とも呼ばれます。数十年前まではバラ板が屋根下地の定番でしたが、昔はルーフィングなどの防水施工技術がなかったため、乾燥しやすい杉板が野地板として選ばれていたようです。バラ板には雨漏りのリスクもあり、現在は構造用合板が主流に。バラ板は通気性が高いので、耐用年数は約40年とされています。

 

構造用合板

野地板として最も普及しているのは、複数の木の板を張り合わせで作る構造用合板です。厚さは9mm、12mm、15mmの3タイプがメインで、厚みがある合板ほど強度が高まります。バラ板よりも面積を大きくできるので、業者にとっては加工や施工の効率が上がり、住まい手にとっては雨漏りのリスクが減るというメリットがあります。なお、構造用合板と見た目が似ているものにベニヤ板がありますが、ベニヤ板は構造用合板ではないので工事内容の確認時にチェックするようにしましょう。なお、耐用年数は約30年が目安となります。

 

耐火野地板(耐火野地合板)

野地板に使われる合板(野地合板)の中でも、火災に30分以上耐えられるものを耐火野地板と呼びます。耐火野地板にもいくつか種類があり、一般的に使用されているのは「木毛セメント板」や「木片セメント板」です。防火地域や準防火地域などでは使用が義務付けられおり、最近では耐火性だけでなく断熱性や吸音性など、さまざまな特徴を備えた耐火野地板が登場しています。こちらも構造用合板と同じく、耐用年数は約30年です。

 

野地板リフォームで覚えておきたいこと

  • 屋根の下の力持ち?野地板(のじいた)とは

野地板が劣化している場合は、新しい野地板に張り替える必要があります。工事は既存の野地板の上部に新しい野地板を重ね張りする方法が一般的ですが、既存の野地板が下地として機能しないほど激しく腐食・劣化している場合は、使えない野地板を撤去・処分する手間や費用が追加で発生するので注意しておきましょう。

 

工事が高額にならないようにするには、定期的(数年に一度)に点検をしておき、既存の野地板がある程度良好な状態のうちに屋根リフォーム検討をすることがポイントです。スレート屋根の耐用年数が20~30年、セメント瓦も同じく耐用年数が20~30年とされているので、屋根のリフォームをするタイミングで野地板の張り替えも検討するのがよいでしょう。

 

気になる異変が見つかったらプロのチェックを

見えないながらも住まいの構造や快適な暮らしを支えている野地板は、まさに「屋根の下の力持ち」とも言える存在です。屋根から雨漏りなどの兆候が見られる場合は、野地板に何らかのトラブルが発生しているかもしれません。早急にプロのチェックを受ける必要がありますので、気になる異変が見つかったら東大阪瓦産業株式会社へご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

土間打ち

2017/11/08

その他

軒樋の掃除

2016/12/27

その他

ガレージの土間工事

2016/12/27

その他

一覧へ戻る

雨漏り修理・屋根工事の
ご相談・お見積りはこちら